2022/11/12 イーグル旗 1回戦 VS高志ビクトリーズ

2022年大会

ライナーズにとって秋の大会の代表格ともいえるイーグル旗。

2022年シーズン、最後の最後です。

その結果を写真とともに報告します。

開会式

昨年の同大会で受け取った準優勝トロフィーの返還。

対戦相手

1回戦の対戦相手は高志ビクトリーズ。

投打、走塁・守備、どれをとってもハイレベルな野球をするチームです。

今春の練習試合では大量失点を喫しており、ライナーズメンバーの半年間の成長を確認するにはうってつけの相手と言えます。

先制

先攻のライナーズ。

1番:だいきがセンター前ヒットで出塁。

2番:しんた、3番:とわが連続四球で続き、いきなり0アウト満塁のチャンス。

しかし4番・5番が倒れ2アウト。

どうしても先取点が欲しい状況で、6番:りゅうせいが押し出しの死球で出塁。

1点を先制します。

その後

今夏の全国大会に出場した三郷タイフーンに匹敵する戦力を誇る高志ビクトリーズ。

その相手の攻撃に対し、序盤から押され気味の展開になりますが先発:とわは緩急を使った投球、内外野も盛り立てなんとか踏ん張ります。

1-7と6点リードされた4回表の攻撃。

下位打線が1アウト2・3塁とチャンスを作り、1番:だいき。

1打席目のセンター前に続き、今度はレフト線を破る2点タイムリー2ベースを放ちます。

結果

4回の裏、相手の攻勢を食い止めることができず無念のコールド負け。

今年のイーグル旗は1回戦敗退となりました。

ただ、春の練習試合では一方的にやられていた相手に今回は踏ん張り反撃する場面も。

チーム・各個人の成長の一端が見えたのは事実。

しかし、「同じパターン・試合展開で負ける」という流れをなかなか払拭できませんでした。

6年生たちは中学校生活にどう繋げていくのか。

1〜5年生は今年の戦いをどう来年に繋げていくのか。

選手達の「これから」に対する姿勢・取り組み方に注目したいと思います。

最後に。

1年間運営サポートや応援してくださった皆様方、今年もお世話になりました。

今年得た経験・悔しさをバネに、来年はよりチームや各個人をシンカ(進化・深化・新化)させて参りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました