2022/08/27 上越信金1回戦 VS 春日新田UF

2022年大会

8月27日。当初の雨予報が外れて過ごしやすい中、上越信金旗の1回戦が行われました。

その結果を、29枚の写真とともに報告します。

先制・好守

先攻のライナーズ。

先制点を狙う1回表、1番:だいき、2番:あさひの連続出塁でチャンスを作り、2アウト2・3塁の状況で5番:しゅん。

打球は内野ゴロとなりますが、相手守備が乱れバッターランナーがセーフに!

この間に3塁ランナー:だいきが生還。

1点を先制します。

1回裏の守備。

先頭バッターの打球はフライとなって、ライト:とむのところへ。

この打球をガッチリキャッチ!

チーム全体が盛り上がります。

この後も、センター:だいき、ショート:あさひ、サード:はやとなど、内外野の守備陣が好守で盛り立てます。

会心の試合運び

同点に追いつかれた直後の3回表。

1番:だいきが2打席連続となる出塁、積極的な走塁で3塁まで進みます。

1アウト3塁で、3番:とわ。

相手ピッチャーの速球をとらえ、右中間に運びます。

ライトへのタイムリーヒット。

勝ち越しに成功します。

直後の3回裏の守備。

2アウト3塁とピンチの場面で相手バッターの打球はフライとなり、またしてもライト:とむのところへ…。

3年生ライト:とむ。冷静にこれをつかみ、ピンチを脱します。

先発:とわの投球数は、3回を投げて38球。

テンポよく打たせ、これを守備陣が好守備で支える理想の展開で序盤を終えます。

魔の4回裏

4回表の攻撃。

先頭の6番:かけるが、ライトの頭上を大きく超える3ベースヒットで出塁、チャンスを作ります。

しかし、後続が打ち取られ無得点となり「なんとなくイヤな感じ」で攻撃を終えます。

2-1と1点リードで迎えた4回裏。

相手の先頭バッターのライナーが、レフトの足元を抜いて長打となります。

中継がもたつく間にバッターランナーがホームイン。

同点に追いつかれます。

この後も防げるはずのミスが立て続き、イヤな流れを止められません。

この回だけで6失点。

接戦に持ち込むことができませんでした。

結果

チーム12345
ライナーズ101002
春日新田01069

序盤の締まった展開から一変。

中盤で大きく崩れ、大差での敗退となってしまいました。

監督から「序盤の試合展開は素晴らしかった。だからこそ悔いが残るし、素晴らしいまま終われるように努力しよう。」という話がありました。

春と比べて、各選手は着実にレベルアップしています。

今季の公式戦はこれで終了となりますが、ローカル大会はまだまだ残されているので、レベルアップした自分たちを実感し、自信を身に付けてもらいたいです。

最後に、応援・運営サポートに携わってくださった皆様、ありがとうございます。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました