2022/08/06 練習試合 VS J’s B.C

2022年練習試合

「夏の甲子園」が開幕した8月6日、今泉多目的グラウンドにて練習試合が行われました。

画像はありませんが、試合結果を報告します。

対戦相手

対戦相手はJ`s B.C。

投手陣の層が厚く、打線は1〜9番までスイングが鋭く、長打力があります。

また、キャッチャーの仕草やランナーのリードの取り方など、細かな動きの一つ一つに意識の高さがうかがえるチームです。

収穫

ここ最近、中軸が良い当たりを連発している一方、その前後が続かず思うような得点に繋がらなかったライナーズ打線。

しかし、この日は打線が機能します。

第1試合2回裏、6番かける・7番りゅうせいの連続四球で作ったチャンスで、1番:だいきが強い打球でタイムリーエラーを誘い出し、続く2番:しんたがタイムリーヒット!

2番:しんた(写真は別日のもの)

打線につながりが出ました。

中軸も4番:はやとが代名詞とも言える「逆方向」左中間への強烈なライナーを連発し、タイムリー3ベースを含むマルチヒット!

結果にはつながりませんでしたが、8・9番の3年生コンビも相手の6年生投手から良い当たりのファールを打つなど、打席での内容が良くなっています。

課題

一方で、第1試合・第2試合通して悪い意味で目立ったのが守備でのエラーです。

第1試合は6つ、第2試合にいたっては数えきれない数のエラーを記録しました。

第1試合、もう一歩動けていれば捕れたはずのゴロをはじいたり、逸らすシーンがいくつもありました。

第2試合は、完全に打ちとった打球を内野手が後ろに逸らし、さらにカバーするはずの外野手も逸らし、内野ゴロのはずがランニングホームランになってしまうシーンも複数ありました。

たとえ相手打者がどんな好打者・強打者・天才打者であっても、時には打ち損なうんです。

その打ち損ないを、いかに着実にアウトにできるか。

この辺は、今後伸ばしたいポイントです。

結果

チーム123456
J’s B.C0214029
ライナーズ1300004
第1試合
チーム1234
ライナーズ31059
J’s B.C1100✖️11
第2試合

力のあるチームと対戦し、「できたので一層伸ばしたいこと」と「できるように努力すべきこと」を明確にすることができました。

力はついてきています。でも、まだまだシンカの途中です。

最後に、忙しいなか応援・運営サポートしてくださった皆様、ありがとうございます!

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました