2021/11/06 イーグル旗 1回戦

2021年大会

ライナーズにとって、2021年(おそらく)最後の大会となるイーグル旗争奪幼年野球大会が行われました。

今回は、1回戦の結果を23枚の写真とともに報告します。

開会式

コロナ禍の影響で、多くの大会で開会式が大幅に省略されたり、行われませんでしたが、今大会は従来通り実施されました。

開会式。隣は1回戦の対戦相手:J’s B.C。

対戦相手

1回戦の相手は、J’s B.C。昨秋の新人戦で優勝したチームです。

試合前、監督から「相手( J’s B.C )は実力があるチーム。だからこそ全力でぶつかっていこう。」という話がありました。

反撃

1回の表、守備にミスが出るなどして相手に2点の先制を許したライナーズ。

すぐに追いつきたいところですが、1回の裏の攻撃は無得点、苦しい展開です。

しかし、2回の表を3人でピシャリと抑え、迎えた2回の裏の攻撃で反撃します。

1アウト、ランナー1塁でバッターは、7番:しゅん。

この日の試合前「今日、打ちます。」と宣言していました。

結果は、宣言通り。

完璧にとらえた打球は、左中間を深々と破るタイムリー3ベース!

1塁ランナー:はやとが生還。

このあと同点に追いつき、試合を振り出しに戻します。

決勝打

3回の攻防は、互いに1点ずつ奪い合い3-3の同点。

4回の裏、1アウトランナー2塁で迎えたバッターは、またも7番:しゅん。

やや詰まった当たりでしたが、大きな飛球がライト線際へ。

打球が落ちたことを確認し、スタートを切った2塁ランナー:だいき
だいき、逆転のホームイン!

ライト線を破る決勝タイムリー2ベース!

ついに逆転します。

ライナーズではおなじみ、ガッツポーズではなく、両手を広げるしゅんの「歓喜のポーズ」

結果

迎えた最終回。

1点差かつ、相手は1番バッターから始まる好打順というヒリつく状況でしたが、ピッチャー:ひだかを中心に3人でピシャリと抑え、ゲームセット。

最終結果はこちら↓。

イーグル旗、1回戦を突破しました!

応援、ありがとうございます。

苦戦が予想されましたが、しゅんを中心とした下位打線の活躍もあり、強敵を倒すことができました。

1回戦を突破したライナーズは、このあとの準決勝に臨みます。

そちらの結果は、次回の記事にてお伝えします。

タイトルとURLをコピーしました