2021/07/18 イチコ・東北日本ハム旗 1回戦

2021年大会

イチコ・東北日本ハム旗大会の1回戦が行われました。

対戦相手は、ユニオンアローズ.BC。

前回大会でも対戦しています。

今大会は、上越地区郵便局長会旗大会の予選を兼ねた大会とあって、負けたくない戦いです。

その試合結果を、広報撮影の20枚の写真とともに、報告します。

課題克服に向けて

これまで、強敵を相手にすると、守備で思うような動きができず、失点を重ねていたライナーズ。

その課題を克服すべく、選手たちは練習や試合を通して努力してきました。

今回の試合では、ピッチャー:ひだかはストライク先行のピッチング。

守備は、サード:とわへのゴロがほとんどだったものの、ノーエラー。

序盤で大きくリードを奪うことに成功したことで、気が緩まないかと心配でしたが、そんな姿をみせず、相手の攻撃を0点に抑えました。

課題克服に向けて、前進しています。

新6番

この試合、チームで最初にクリーンヒットを放ったのが、6番:かける。

「当たれば(飛距離が)デカい」と言われていた4年生スラッガーですが、今春まで思うようにボールをとらえることができませんでした。

しかし、努力の成果が表れはじめ、試合でボールをとらえる回数が増えました。

少々バットの芯から外れても、当ててしまえば軽々と外野の奥まで打球を運べるパワーを誇る、近未来の中軸候補です。

打線は、相手投手にタイミングが合わず攻略に手こずりましたが、四球をきっかけにコツコツと加点。

6番:かける以外にも、2番:はやとのセンター前ヒット、4番:ひだかのレフトオーバーの3ベースなどの長短打も絡め、13得点を奪いました。

結果

1回戦突破!

今回の試合を通して、良かった所も、伸ばせる所もみつかりました。

対戦ありがとうございました!

試合後の応援席。手前のユニフォーム姿は、新入団のとむ君。入団ありがとう!

次は7/24()、イースト・ユニティーズとの2回戦です。

この試合に勝てば、郵便局長旗大会への出場権を獲得できます。

人送・審判・スコア・応援などに駆けつけてくれた皆様、暑い中でしたがありがとうございました!

引き続き、応援よろしくお願いします!

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました