2021/06/27 JAえちご上越旗 準々決勝

2021年大会

前評判を覆す(?)戦いぶりを見せて、ベスト8=準々決勝に進出したライナーズ。

1・2回戦に勝った勢いそのままに、優勝候補の一角に挑みました。

その結果を、M広報からいただき厳選した27枚の画像とともに、報告します。

対戦相手

準々決勝の相手は、県大会進出の常連チーム:大潟フェニックス。

前回の練習試合で大敗して以来の対戦です。

攻撃・守備・ベンチワーク、どれをとっても意識の高いチームです。

対戦するだけで良い経験になる相手ですが、今回はベスト4をかけた戦い!

全力で挑みました。

ピッチングスタイル

先発ピッチャー:ひだか。

前回の大潟との練習試合で、持ち味である快速球を狙い撃ちされています。

この日も相手打線が速球対策してくることを予想し、遅い球を中心としたピッチングスタイルで臨みました。

遅い球主体の投球で戸惑わせ、速い球には詰まらせる。

打者15人に対し、打たれたクリーンヒットは1本と、相手の強打を封じます。

急成長の4~5年生

6年生2人が引っ張るライナーズ。

内外野を盛り立てるのは、主に4~5年生。

今大会でも1回戦・2回戦、攻守ともに躍動し、新チームが始動して以降、練習・試合を重ねるごとに成長を遂げています。

とはいえ、成長途上の選手たち。

この日は守備で「成長途上の部分」が出てしまい、打ち取った当たりを思うようにアウトにできず、先発ピッチャー:ひだかは2イニングで球数制限に到達。

無念の降板となります。

それでもファースト:しゅん、ショート:とわを中心に、最後まで「声」を出し続け、苦しい試合を最後まで戦い抜きました。

この姿勢がある限り、ライナーズはどこまでも成長し続けることでしょう。

6年生投手リレー

ひだかの後をうけて、3回からマウンドに立ったのは、キャプテン:ひろむ。

キャッチャーがメインですが、この日はストライク先行の投球で、後半戦を投げ抜きました。

足技炸裂

7番:だいき。

持ち前の俊足を見せつけました。

6点を追う2回裏、1アウトから3塁方向に打球を転がすと1塁へ猛ダッシュ!

駆け抜け!セーフ!!

これが相手のミスを誘い、出塁します。

その後、相手キャッチャーの鬼肩をものともせず、サイン通り(?)2盗・3盗を次々に決め、チャンスメイク。

見せ場を作りました。

走力を活かすための課題である盗塁時のスタートも、勇気と努力の成果で、みるみる良くなっています!

結果

打たれたヒットは、(おそらく)6本。

しかも、レフト前ヒット3本以外はバントヒット2本、1塁線に転がった不運な内野安打1本。

負け惜しみかもしれませんが、

スコアほどの「力の差」は、そこまで感じませんでした。

試合後のミーティングでは監督から、

4~5年生が多いチームで、ベスト8までいけたじゃないか!よく頑張った。ただ、さらに上を目指すなら、大潟の選手の姿勢は見習うべき。」という言葉がありました。

勝負どころの集中力など、自分たちと何が違うのか?

それを考え、行動することで、さらなるレベルアップにつながるはず。

とはいえ、チームは今季最高成績である、2つ勝っての大会ベスト8!

ライナーズは成長できる!ライナーズの挑戦は、これからも続きます!

応援・スコア・マネージャー・審判・人送にご協力くださった皆様、応援ありがとうございました。*ブログ管理人に代わり主審をやってくださったTさん、ありがとうございました!

引き続き、よろしくお願いします。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました