2021/06/06 練習試合 VS高志ビクトリー

2021年練習試合

海の向こう=MLBで大谷翔平と菊池雄星の「花巻東高校の先輩後輩対決」が実現した6月6日、ライナーズは高志小学校にて練習試合を行いました。

対戦相手は高志ビクトリー。

5年生主体で小柄な選手が多いですが、三遊間を中心とした堅い守り、コンパクトながら鋭い打球を飛ばす攻撃力のあるチームです。

対戦ありがとうございました!

今回の試合の様子を、9枚の画像と1本の動画とともに報告します。

試合前の円陣、声出し。

動画バージョン。*ボリュームご注意ください

打線

第1試合は完全に抑え込まれたライナーズ打線ですが、2試合目に意地を見せます。

4・5番に豪快な長打が飛び出し、下位打線も良い当たりが多かったです。

4番:ひだか。2試合目の3・4打席目に連続2ベースを記録。
5番:しゅん。推定飛距離80メートルの特大2ベースを放ちました。本人は、「それ以外の(打てなかった)打席が悔しかった」というコメント。

初出場

5月に入団の3年生、すみたかが初出場!

初打席直前のウェイティングにて。

初打席では、思い切りスイング。

タイミングはかなり合っていましたが、惜しくも空振りでした。

ランナーコーチャーやライトの守備位置も初体験。

試合後、「バッティングはもうちょっと…」と、悔しそうな様子でした。

これからの努力と成長に期待です!

結果

第1試合

チーム12345
高志040149
ライナーズ000000

第2試合

チーム12345
ライナーズ2521414
高志101215

春以降、ライナーズの選手たちは

守備では内野ゴロや外野フライの捕球レベルが上がり、打撃も良い当たりのヒットが増えるなど、各自の努力の成果が着実に表れています。

一方で、この日の第1試合のように、チーム全体の結果としては表れにくい場面も目立ちます

試合後のミーティングで、監督から「それぞれに役割がある。好き勝手にやるだけでは良い結果を出すのは難しい。」という言葉がありました。

技術面の努力と成長に加え、1人1人に「仲間のため、チームのため」という考え方の成長が加わることで、ライナーズはさらに進化することでしょう!

伸びしろは無限大です。

今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました